laienhaftes musiker tagebuch

laienhafte.exblog.jp

アマチュア音楽家の 徒然なるままに

Farbenspiel & Neil Andrew Sharpe

フルートアンサンブル:ファルベンシュピール
ニール・アンドリュー・シャープ ジョイント・コンサート


ウーテル / アダージョとスケルツォ op.77
バッハ / ソナタ ト短調 BWV1029
ドップラー / アンダンテとロンド op.25
ショパン / ノクターン 第20番 遺作
ショパン / スケルツォ 第2番 op.31
エネスコ / カンタービレとプレスト
モイーズ / 3本のフルートとピアノのための4つの小品


曲ごとにパートを入れ替える事が多いので、1st奏者の違いによる曲の違いも楽しめる
4人がそれぞれ吹き方のスタイルに癖があって面白い…個性って良いね

今回はピアニストとジョイントという事で、ピアノ付の曲が多い
そして、1本、2本、3本、ピアノソロ、プログラムとしてはバラエティに富んでいて面白い


ルイ・モイーズの「3本のフルートとピアノのための4つの小品」の中から「Games(遊戯)」
遊戯というより「悪戯」を連想させて、なんかうきうきわくわくどきどき…
1stを吹く弟が他愛の無いいたづらを、ほらっほらっって感じに仕掛けるんだけど、
2nd&3rdのお姉さん達の器の領域から出ていなくって
しょうがないなぁこんな事して~って微笑んでいるような雰囲気を感じる曲
楽しいね

何よりもこのアンサンブルは奏者が楽しんでいる
その楽しさが伝わってきて、聴衆も楽しい
[PR]
# by laienhaftes | 2005-04-08 23:59 | Wind instrument

Hanns-Martin Schneidt

神奈川フィル特別演奏会 / ミューザ川崎シンフォニーホール

モーツァルト/ディヴェルティメント ヘ長調 K.138
モーツァルト/モテット「踊れ、喜べ、汝幸いなる魂よ」K.165
ベートーヴェン/交響曲第6番「田園」


3曲共にF-durの曲
大好きな小編成の古典曲

ミューザの音の響きはなかなか良かった♪
後方広域部を空席にした所為なのか、
大ホールでの小編成が無理なく鳴っている
わざわざ3階中央の席を取ってもらった事に感謝


ホール全体に音が広がって、音に包み込まれているように聴こえて来る
ディヴェルティメントは弦楽器のみの曲
各パートの音も、ハーモニーを作り出した音も、
ここはこの和音の音、ここはぶつかる和音、
個々の音が見えていて、且つ重なった音が見えている
音の立体的なヒダの中に身を置いているようで心地良い

神奈フィルの弦部って素敵じゃないの(*^^*) 
弱部がもっと立体的に聴こえてくれば、もっともっと素晴らしいのに


田園はシュナイト氏の音なのか、全体に穏やか
2管編成を大ホールで演奏しても、ほのぼの感が生きている


フルートの1番が木管だった。。。。
N響とかもこぞって木管なんだけど、、
個人的に、1番奏者が木管なのは少々苦手
オーボエの音と溶け込んで綺麗なハーモニーだったけどね。
[PR]
# by laienhaftes | 2005-03-29 23:59 | orchestra
4月17日、24日放送分の収録を見て来た
オケ演奏は神奈川フィルハーモニー管弦楽団


♪ 1部は24日放映分

藤野浩一氏、青島広志氏、前田憲男氏、羽田健太郎氏
4人の作曲/編曲家による、ディズニー名曲を基盤にした
オーケストレーションアレンジもの

元の曲からテーマを加えて編曲されたのだが

楽しい&面白い

多々な豪華なソリスト達を迎えて
音楽的にもビジュアル的にも楽しい♪

個人的に編曲方法が楽しかったのは、羽田氏、青島氏
本放送は録画しなくっちゃ(^^)


♪2部は17日放映分

羽田健太郎氏はデビュー35周年を迎える
その特別企画

羽田氏作曲のメドレーに始まり
交友の深い方達との共演

Vnの徳永二男氏に始まり、前田氏、渡辺真知子、サーカス、

舞台上では懐かしそうに昔話をしたり、裏ネタを披露したり、、
前出の青島氏のトークも面白いのだが、羽田氏のトークもなかなか面白い
どちらかというと「おやじ」が入っていて
フルーティストの工藤氏を連想させるトーンのトーク

しかし、、
徳永氏&羽田氏で フランクのヴァイオリンソナタが聴けるなんて!
この番組って、美味しいのね♪
[PR]
# by laienhaftes | 2005-03-23 23:59 | orchestra