laienhaftes musiker tagebuch

laienhafte.exblog.jp

アマチュア音楽家の 徒然なるままに

<   2011年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧

フルート・リサイタル

東京オペラシティ リサイタルホール


フルート:森岡 有裕子
ピアノ:五十嵐 稔


R.シューマン / 3つのロマンス 作品94
C.ライネッケ / ソナタ「ウンディーネ」作品167
P.タファネル / 「ミニヨン」の主題によるグランド・ファンタジー
棚田文紀 / フルートのための <<F>>
Ch.M.ヴィドール / 組曲 作品34


-----
[PR]
by laienhaftes | 2011-06-25 23:59 | Wind instrument

ランチタイムコンサート

オペラシティ・近江楽堂


フルート:小澤恭子
オーボエ:小瀧綾
チェンバロ:鴨川華子


J.J.クヴァンツ / トリオソナタ ハ短調
C.P.E.バッハ / トリオソナタ ニ短調


-----


ブリードリッヒ大王に使えていた二人だが、全く作風が異なる
私自身がC.P.E.バッハ以降の作品が吹きやすい回答を貰ったみたい
人間味のある表現をしたい人間なんだね、ワタシ


このクヴァンツの作品は演奏したことがあるが、
最初のオーボエの旋律で足がゾクゾクする位に引き込まれた
フルートよりオーボエの音色に聴き入ってしまった

第二公演は、トリオソナタとしてのアンサンブルを堪能出来た


久々に見つけたな…応援したくなるオーボエ奏者
[PR]
by laienhaftes | 2011-06-21 20:41 | Wind instrument
時任和夫 / フィラデルフィア管弦楽団 主席ピッコロ奏者


1.マスタークラス

武田樹 / A.ヴィヴァルディ:協奏曲 ハ長調 RV.443
三浦美波 / G.P.テレマン:12のファンタジーより No.12 ト短調



2.ミニコンサート

G.P.テレマン:12のファンタジーより No.8 ホ短調
F.クーラウ:ディヴェルティメント No.1 ト長調 op.68
清水研作:星々の記憶へ No.1
C.P.E.バッハ:ソナタ イ短調 Wq.132


-----


ピッコロという、あまり音色幅がなく、表情が貧相に思われる楽器
ただ音が高いだけで、フルートのようにコントロールすら出来ない

そーいう思い込みが、時任さんの手にかかると一掃される

ここまで、あんな小さな楽器で表現できるのか
なんて繊細なんだろう


曲の作りが判って行くと、ふぞろいの表現方法が面白い
フルートではなくピッコロだからこそ使える表情


生徒さんはタイプの違う二名だったので、アマチュアでもとても参考になった

どう基礎を勉強して行けば良いのか、
どう曲を分析して行けば良いのか、
どう表情を作って行けば良いのか、
その為に、どの様な奏法をとれば良いのか

公開…ではなく、プライベートレッスンを受講してみたい
[PR]
by laienhaftes | 2011-06-04 23:59 | Wind instrument