laienhaftes musiker tagebuch

laienhafte.exblog.jp

アマチュア音楽家の 徒然なるままに

<   2010年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧

♪ 10-9 白樺コンサート

ボロディン / イーゴル公より ダッタン人の踊り
星出尚志 編 / 四季の詩情
アルベニス / タンゴ
シュトラウス / カチンカ・ポルカ
[PR]
by laienhaftes | 2010-09-23 23:59 | flute

フルートの競演

すみだトリフォ二ーホール


フルート:
カール=ハインツ・シュッツ
クララ・アンドラーダ
荒川 洋
森岡 有裕子

ピアノ:
ゲルティンガー祥子


W.A.モーツァルト / 「フィガロの結婚」序曲 : 4Fl
タファネル / 「ミニヨン」の主題によるグランド・ファンタジー : シュッツ
W.A.モーツァルト / ソナタ ハ長調 KV.14 : シュッツ
プーランク / ソナタ : 荒川
ボルヌ / カルメン・ファンタジー : 森岡
ジョリヴェ / リノスの歌 : アンドラーダ
アルフテル / デブラ : アンドラーダ
マシャエキ / 決闘 : アンドラーダ、シュッツ
ドップラー / アンダンテとロンド : シュッツ、荒川
ドゥメルスマン / 「ウィリアム・テル」の主題による華麗な二重奏 : アンドラーダ、森岡
ボアモルティエ / 協奏曲 イ短調 作品15の2 : 3Fl、AFl
ボザ / 夏山の一日 : 4Fl


-----


トリフォ二ーの3階席は響き過ぎ

同じフレーズのアーテキュレイションの違いは聴き取れない
微妙な16分休符は、、、直前の音が響き過ぎて、次の音との間に休符が無いように聴こえる

1階席で聴けば、普通に聴こえるんだろーな
世界的な奏者だからこそ、もったいないなぁ~

ピアノの音の運びと笛の音の運びも、ほんの微妙にずれて聴こえる
御招待席だから仕方ないけど、、、
自分で購入するなら、室内楽未満はこの席は無理だ


変に耳だけ肥えているのは、嫌な奴になりかねないな…
[PR]
by laienhaftes | 2010-09-19 21:25 | Wind instrument

CD発売記念コンサート

アーティスト・サロン「ドルチェ」


清水信貴:フルート
清水理恵:アルトフルート、フルート
藤田雅、鈴木賢太:ピアノ

特別ゲスト/時任和夫:ピッコロ


清水研作 / 海Ⅰ(2Fl&Pf):清水信貴、清水理恵、藤田雅
清水研作 / MAI(Alf):清水理恵
清水研作 / 星々の記憶へⅡ(Pf):鈴木賢太
テレマン / ソナタ ヘ短調(Picc&Pf):時任和夫、藤田雅
清水研作 / 海Ⅱ(2Fl&Pf):清水信貴、清水理恵、藤田雅
清水研作 / 異なる時空Ⅱ(Fl):清水信貴
ライヒャ / ソナタ ニ長調 作品103(Picc&Pf):時任和夫、藤田雅

清水研作 / 星々の記憶へⅠ(Picc):時任和夫
バッハ / シチリアーノ(Picc&Fl&Afl):時任和夫、清水信貴、清水理恵


-----


全てが素晴らしかった・・・
しかし、全て、時任さんのPiccが私を支配した

ピッコロに対する固定概念が打破され、楽器の魅力さえ感じた
第九のピッコロや星条旗のピッコロ、、、、それらは飾りの様な役割だが、、、
時任さんのピッコロの表現は、フルート以上のものだ

こんなにもせつなくなるテレマン、あまりに豊かな表情で涙が出そうになったライヒャ…
フルートですら此処まで表情変化を付けられるプロは少ない

ましてやピッコロでなんて、、、ありえない


凄い…一言に尽きる
[PR]
by laienhaftes | 2010-09-14 23:59 | Wind instrument