laienhaftes musiker tagebuch

laienhafte.exblog.jp

アマチュア音楽家の 徒然なるままに

<   2010年 05月 ( 2 )   > この月の画像一覧

ムラマツホール・コンサートシリーズ


フルート:ユルゲン・フランツ
ヴァイオリン:徳田 その
ピアノ:中島 尚子


C.P.E.バッハ / トリオ・ソナタ ニ短調 Wq.145
W.A.モーツァルト / デュオ 第三番 ハ長調 (KV.454より)
C.ライネッケ / ソナタ 作品167 ウンディーネ
F.クーラウ / トリオ ト長調 作品119
W.ポップ / 「ポルティチの娘」によるファンタジー 作品267
* ドビュッシー / シリンクス


-----


久々にムラマツホールでは勿体無いほどの音の奏者を聴いた
ゴールウェイから独自の粘り気をクリアしたような音だ

個人的には、もう少し繊細な音色の方が好きなのだが、ドイツ楽曲が並んだせいだろーか

5曲中3曲は自分も本番に乗せている
フルーティストの詳細な表現
ピアニストの歌い方
アンサンブルとしての駆け引き

全員が同じ方向を向いていないと難しいものなんだ

たとえ、世界的な奏者とはいえ…
[PR]
by laienhaftes | 2010-05-21 23:59 | Wind instrument
パルテノン多摩 小ホール

十亀 正司
渚 智佳


ドヴィエンヌ / クラリネット・ソナタ 第一番より 第一楽章(C管クラリネット)
モーツァルト / クラリネット協奏曲 イ長調 K.622 より第一楽章(A管バセットクラリネット)
チック・コリア / クリスタル・サイレンス(ソプラノ・サクソフォーン)
ウェーバー / グランド・デュオ・コンチェルタンテ 作品48(B管クラリネット)
中村克己 / 「大きな古時計」による変奏曲(ユーフォニュアム)
リスト / ラ・カンパネラ…パガニーニにより超絶技巧練習曲集より(ピアノ独奏)
スコットランド民謡 / ハイランド・カテドラル(バグパイプ)
*スコットランド民謡 / ---- (バグパイプ)
ハーデルマン / スポットライト・オン・ザ・バスクラリネット(バス・クラリネット)
*モーツァルト / クラリネット協奏曲 イ長調 K.622 より第二楽章(A管バセットクラリネット)


-----


奏者曰く「世にもヘンテコな演奏会」だそーだ
8曲演奏して、全部楽器が異なる(ピアノ独奏も含)
こんな演奏会は勿論初めてだ

C管の明るさ、A管の落ち着き、色々な音色が楽しめる
サックスの大きな音、バセットの落ち着いた音、バスクラのバウンド音
多種多様な音が楽しめる

ちなみに、ピアノ以外は、全て十亀さんが演奏しているわけである…とっかえひっかえ
楽器も幅広ければ、音楽も古典から民謡、ジャズ、即興演奏まで


座席の両隣は、御弟子さんであろう学生さんに挟まれたのだが
どちら側でも「先生着替えるのかなぁ…くすくす」という微笑み
期待に反せずバグパイプ演奏は着替えて客席後方から登場

バグパイプはスコットランドの民族楽器、衣装も民族衣装
衣装はフルーティストである奥様のお手製

動きを見ていると、演奏方法が変わっている事が良く判る
面白い…この楽器で連想するのは「キャンディキャンディ」なんだな


間にプログラムには無い「即興演奏」を入れた
お客さんに2種類のモチーフを提供してもらい、それを元にした即興演奏
クラリネットもピアノも掛け合いを愉しんでいる♪

楽器数と言い演奏と言い、凄い人だなぁ


映画「のだめ」の、とあるシーン…アンコール曲にあたるが、吹いたのはこの奏者
ぐっと心に響きくクラリネットならではの音色の演奏を聴いてしまうと、、、

…やっぱK.622をフルートで演奏するのは邪道だな…


見て、聴いて、お話で、楽しめる演奏会だった
[PR]
by laienhaftes | 2010-05-19 22:15 | Wind instrument