laienhaftes musiker tagebuch

laienhafte.exblog.jp

アマチュア音楽家の 徒然なるままに

<   2010年 04月 ( 3 )   > この月の画像一覧

メモリアル・コンサート

ムラマツ・メモリアル・コンサート : 東京公演


東京文化会館 大ホール

フルート:
ヴォルフガング・シュルツ
マティアス・シュルツ

指揮:山田 和樹
管弦楽:新日本フィルハーモニー交響楽団


C.ドビュッシー / 牧神の午後への前奏曲
F.ドップラー / 2本のフルートのための協奏曲 ニ短調
* モーツァルト / 2本のフルートによるオペラ「魔笛」より

J.イベール / フルート協奏曲(ヴォルフガング・シュルツ)
* ドビュッシー / シリンクス
M.ラヴェル / ダフニスとクロエ 第2組曲


-----


村松孝一 没後50年記念のコンサート
大阪公演と東京公演とがあり、フルート愛好家を招待した演奏会

大阪公演は小編制だが東京公演はオーケストラである
フルートパートがコンチェルトのように際立つ選曲、勿論団員ソロ
牧神は荒川さん、ダフクロは白尾さん

二千人以上の開場が満席、全てが笛吹きだなんて考えると恐ろしい(笑)

多少響きの悪い席だったのだが、一番慣れている新日
シュルツ親子とのコンビネーションが気持ち良く聴けた


休憩時間は異例の30分
アナウンスに会場が驚きの声が上がったが、
先に行われた大阪公演での話を聴いていたので、納得

ロビーではアルコール、ソフトドリンク、無料で振舞われ
少し歩けば、顔見知りの笛吹きと出会い、挨拶を交わす

あちらこちらで同じ光景

大きな同窓会のような、笛吹きのイベントのような演奏会だった
[PR]
by laienhaftes | 2010-04-30 23:59 | orchestra

ヘンデルの作品を中心に

ムラマツホール・コンサートシリーズ


フルート:酒井 秀明
ピアノ:伊吹 このみ


G.F.ヘンデル / ソナタ ハ長調 作品1/7
J.S.バッハ / トリオソナタ ハ長調 BWV530より
G.F.ヘンデル / ハレンザーソナタ 第二番 ホ短調 HWV375
G.F.ヘンデル / クラヴィーア組曲 第一番 変ロ長調 HWV434(ピアノソロ)
J.S.バッハ / トリオソナタ ヘ長調 BWV529より
G.F.ヘンデル / ソナタ ホ短調 作品1/1b


-----


フルートの音が暖かくて心地よい
時代的にもドイツバロック…煌びやかさや軽さからは程遠い

その中で、明るい調は暖かく、暗い調は重厚に
ヘンデルとバッハのビブラートも違う

この奏者の、違う時代、違う作曲家の、演奏を是非聴きたいと思わせる


ハレンザーソナタ…セピア色の想いが脳裏を横切る…なんなんだ?これ

1冊しか持っていないヘンデルの曲集を見る
ハレンザーソナタ1~3番が乗っている

練習したんだ、、、、、遥か昔に
[PR]
by laienhaftes | 2010-04-11 23:59 | Wind instrument

♪ 10-3 発表会

P.A.ジュナン / 協奏的大二重奏曲 op.51
[PR]
by laienhaftes | 2010-04-03 23:59 | flute