laienhaftes musiker tagebuch

laienhafte.exblog.jp

アマチュア音楽家の 徒然なるままに

<   2009年 05月 ( 2 )   > この月の画像一覧

ヴィータコミューネ ヴィータホール

フルート:森岡 広志
ヴァイオリン:森岡 聡
ギター:近石 和男


グリーンスリーヴス変奏曲 <フルート、ギター>
テレマン / 二重奏曲 ニ長調 <フルート、ヴァイオリン>
マスネー / タイスの瞑想曲 <ヴァイオリン、ギター>
シモネッティ / マドリガル <フルート、ギター>
イベール / 間奏曲 <フルート、ギター>
パガニーニ / カンタービレ <ヴァイオリン、ギター>
近石 博子 / エヌ・ピエール・リュミヌーズ <フルート>
ビゼー / 「アルルの女」より メヌエット <フルート、ギター>
ピアソラ / タンゴの歴史 <フルート、ギター>
… Bordel1900 Cafe1930 NightClub1960 Concert1990 …

アンコール:
ハバネラ <フルート、ギター>
愛の挨拶 <フルート、ヴァイオリン、ギター>


-----


ヴィータ・マンスリー・コンサート

自分も出演を考慮しているコンサート
自分たちの楽団も自主公演に使用する会場

つい、そういう立場から聴いてしまう


実は、フルート奏者は演奏姿より普段の姿に出会うことの多い方
そのイメージではフランスものでロマン派後期~近代の可憐なニュアンスが濃く
テレマンやピアソラの雰囲気と結びつかなかった…^^;;

ホールでの演奏もはじめて聴く…
こういう音色&表情を出す奏者なんだ…師匠とまったく違う路線かも


それにしても、Bordel1900、最近立て続けに聴いている
三人三様まったく違う Bordel1900 だ


柴田ファミリーの合宿に行かれたら、
杏里先生志基先生とピアソラ合わせて貰いたいな…☆

初めてお二人に合わせてもらったのは
よれよれになりながら(笑)のドップラー、記念だモノね

ギターの音色にそんな想いを抱きながら聴いていた
こんな音楽に挑戦してみるのも、世界が開けそうな気がする
[PR]
by laienhaftes | 2009-05-29 23:59 | others

奇跡のデュオ

四谷区民ホール

フルート:
マクサンス・ラリュー
工藤 重典

ピアノ&ハープシコード:
成田 有花


C.P.E.バッハ / トリオソナタ ホ短調 Wq.162/H.580
J.-M.ルクレール / ソナタ ホ短調 作品2-1 <ラリュー:ソロ>
J.S.バッハ / トリオソナタ ト短調 BWV1029
F.ドップラー / 「夢遊病の女」のパラフレーズ:アデリーナ・パッティの思い出に
G.ブリチャルディ / 「マクベス」による幻想曲 作品47 <工藤:ソロ>
F.クーラウ / トリオ・コンチェルタンテ ト長調 作品119

アンコール:
ベーム / メンデルスゾーンとラハナーの主題による3つのデュオより
グルック / 精霊の踊り より <ラリュー:ソロ>
マルティヌー / スケルツォ <工藤:ソロ>
モーツァルト / 「魔笛」より 夜の女王のアリア


-----


数多くの“プロと言われる”フルート奏者がいる中で
「別格」というか、「別世界」の人達だ


ある人が言った
「バッハの音楽が崇高過ぎて近寄れなかった
バッハが生活していたであろう場所の空気に触れ、人間として確かに生きていたバッハを感じられてから、彼の音楽が見えてきた」

それに近い感覚

客席も見たことある顔ぶれ(つまりプロ奏者や関係者)が目立つ
自分にはその人たちより遠い存在の奏者なんだ

足元にさえたどり着けない様な奏者なのだが
舞台の上での他愛も無い冗談交じりのやり取り

ここにいて、ここで奏でて、ここの空気を感じている


ラリューの精霊……まさしく「天上の音楽」だった
[PR]
by laienhaftes | 2009-05-11 23:59 | Wind instrument