laienhaftes musiker tagebuch

laienhafte.exblog.jp

アマチュア音楽家の 徒然なるままに

<   2006年 04月 ( 2 )   > この月の画像一覧

鎌倉芸術館

モーツァルト / 歌劇「フィガロの結婚」序曲
モーツァルト / クラリネット協奏曲 イ長調 K.622
ベートーヴェン / 交響曲第6番「田園」

指揮:小泉 和裕
クラリネット:カール・ライスター


芸術館での演奏会は初めて、元々の予定では指揮はシュナイト氏

ライスターは聴きたいが、田園@シュナイトはミューザ演奏がとても良かったので、きっとそれ以上を期待してしまう自分がいると思い、今回行くのは諦めていた
でも、指揮者が変更になった
これは行っても面白いかも、また違った田園が聴けるじゃん! 
それにライスターは聴かなくっちゃ…ね


モーツァルトは古典編成
2階席で何処まで響くんだろう…という不安は一気に取り去られた
響きも、音の飛びも、バランスも丁度良い席だ …いいじゃないの、このホール

ライスター氏の音色は、クラリネットと言う楽器の認識が変わってしまう
なんてまろやかで優しくて暖かい音!
まるでフルートやホルンやリコーダーや、、、そちらの音色に近い
ファゴット奏者のアモリー・ヴァレーズ氏の音を聴いた時も同じ様な感動を味わった
凄い奏者なんだ…と、しみじみ

コンチェルトは1楽章から牧歌的なアンサンブル
目の前には昨日の空のように、
透明感のあるスカイブルーの空、澄み切った空気、新緑の若葉、輪郭のくっきりした高域の真っ白な雲、、、そんな風景画の様な景色が浮かび上がってくる
ふと、これがベルリンフィルの音なのね


小泉氏の田園は、シュナイト氏の田園より少しモダン的
解釈の違いや好き嫌い、各パートの構成、、賛否両論あるだろーけれど
フルートパートの音は今日の方が好きだし、個人的には今日の田園の方が好み
同じオケで同じコンマス、、、、指揮者と会場の違いだけでこーも変わるのか
メジャー曲聞き比べも面白いかもしれない
[PR]
by laienhaftes | 2006-04-22 23:59 | orchestra
吉岡二郎
オペラシティ近江楽堂 ランチタイムコンサート

G.Oh.テレマン / ファンタジー 第10番
H.I.ビーバー / パッカサリア ト短調(ロザリオのソナタ集より)
H.ホリガー / ソナタ「アンソリーテイル」より 12番バッサカネル
S.カルク=エラート / ソナタ(熱情)嬰ヘ短調

-----

吉岡氏の演奏を聴くのは2度目、プロフィール写真より好青年(*^^*)
無伴奏曲は、音色や奏法を駆使して表現を広げ、曲としての立体感を増さねばならないので非常に難しく感じる
へたをすれば単調な薄っぺらな音楽になってしまうし、私の場合は基準テンポが揺れすぎるだろーな(ぉぃぉぃ)

ここ一月以上の心身疲労から、今はオーケストラを聴く気力は無いが、無伴奏なら受け入れられる
一本で吹いているとは思えないほどの色彩感、憧れるなぁ

聴きなれているテレマン、前回も聴いたホリガー、少々苦手なカルク=エラート
一番面白かったのはビーバー(1644-1704)
ロザリオ信仰の守護天使の永遠性を象徴する下降形の4音の繰返し
執拗なほど繰り返される4音にバリエーションが折り重なる音楽で、もとはヴァイオリン曲

単音楽器で音のタペストリーを織り成していく様
かったるい体が少しずつほぐれて行くように癒してくれる

吉岡氏の音色は色っぽく艶やか
ムラマツの18Kかな? 明るさと気品と優雅さと、、銀には無い魅力も十二分
あんな風に金を操れたら楽しいだろうな
[PR]
by laienhaftes | 2006-04-18 18:27 | Wind instrument