laienhaftes musiker tagebuch

laienhafte.exblog.jp

アマチュア音楽家の 徒然なるままに

<   2005年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧

2005年 ロレックス「時の記念日」コンサート
サントリーホール 大ホール


サー・ジェームス・ゴールウェイ フルート・リサイタル
~ フルート幻想 ~

プーランク:フルートとピアノのためのソナタ
ドビュッシー:亜麻色の髪の乙女/月の光/小舟にて
ヴィドール:組曲 op.34
フォーレ:幻想曲 op.79
ゴーベール:ノクターンとアレグロ・スケルツァンド
ドップラー:ハンガリー幻想曲 op.35
タファネル:オペラ「ミニヨン」の主題によるグランド・ファンタジー

アンコール
 浜辺の歌 / 白鳥 / トルコ行進曲 / ダニー・ボーイ / 熊蜂は飛ぶ


-----

一昨年のリサイタルより、見た目が加齢された雰囲気
…ご自身もそのことをユニーク触れ、会場は笑いが…

今回の楽器はプラチナ
金の楽器より音の輪郭がシャープで、華麗というより高貴という感じの音

最初の曲は、…彼らしいの? 動かし方が他の奏者と違いすぎて…^^;;
でも、彼が「青」と言えば、赤いものも「青」が正解なんだよ
そう思いたくなる、彼の世界が、、、"あの"大ホールに広がって行く
ゴールウェイ節は健在

月の光… プラチナである事が最大限に良かった
ステージには暖色系のライトが当たっているのに、銀青色の世界が見えてくる
少し青さに明るさが増して 小舟にて
ppの透き通るような音
まるで絵画を見ているみたいだ

どんな超絶技巧なパッセージも、一つ一つの音がクリアに鳴っている
音を言葉で表現しきれない

私にとって聴くのも苦手な近代物すら
いつかは吹いてみたい…と思わせる


多々なプロ奏者の演奏を聴いて
一生かかって彼らの足元にちょっとでも近づければ本望だ…と思う

彼は違う

あっちの世界の人
神様はやはり神様
[PR]
by laienhaftes | 2005-06-10 23:59 | Wind instrument

昼時クラシック -48-

The Bass Gang -コントラバス四重奏団 オクトバス4-


- 黒猫白猫 / カライリチ&アラリカ&スパラヴェロ
- スラップ・ザット・ベース / ガーシュウィン
- スウィンギン・オン・運命 / ベートーベン&グレーヴス
- ニューヨーク・ニューヨーク / カンダー
- バード・ランド / ザビヌル=ウェザーリポート
- コントラバヘアンド4 / ピアソラ
- オー・ソレ・ミオ / カプア
- ラテン・ベース・メドレー
  エル・クンバンチェロ / 地方の祭り / ブラジルの水彩画 / 南京豆売り
   / コーヒー・ルンバ / ティコ・ティコ / テキーラ / ビリンバウ
- ブラーヴァ! / カンフォラ

- アンコール
  マツケンサンバ
  ロング・ビークル


-----


コントラバス奏者が4人
それぞれが多々なオーケストラで首席奏者を務めている
No-Classic の合言葉に演奏が始まる

常にオーケストラのベースを担当している楽器
びよらジョークでは「家具」とまで言われている楽器
そんな楽器が主役となって、洒落た旋律を奏でていく

理屈から考えれば、ヴァイオリンより遥かに音域が広い
その利点やJAZZ特有の奏法を駆使した演奏が続く


コントラバスって凄い楽器なんだね


陽気なイタリア人気質というか、、、
演目的にというか、、、
Jokeは飛び出すし、パフォーマンスは楽しい

運命などは、正規演奏部分を皮肉るかのように弾いてからスウィングする

客席へ降りて来たり、お客さんとダンスしたり、
マツケンサンバでは"歌と踊り"もご披露
…金キラの衣装とヅラ付でねっ!…


笑いの絶えないステージ

彼らが生真面目な形相でシンフォニーを奏でるのを見聴きしたい気がする
[PR]
by laienhaftes | 2005-06-08 23:59 | Stringed instrument