laienhaftes musiker tagebuch

laienhafte.exblog.jp

アマチュア音楽家の 徒然なるままに

カテゴリ:others( 22 )

昼どきクラシック -47-

出演:二期会マイスタージンガー

二期会メンバーによるコーラスアンサンブル

J.シュトラウス:歌え踊れ
成田為三:浜辺の歌
フォスター:夢路より
カプア:オー・ソレ・ミオ
山田武彦:シャンソン
プッチーニ:私のお父さん
北海道民謡:ソーラン節
ヴェルディ:乾杯の歌
黒人霊歌:アメージング・グレイス
宮沢和史:島歌

アンコール:ピクニック / メリーウィドゥワルツ

-----

8名の歌手とピアノ
「歌を聴く」という事は久しくしていない

名曲がステージ上の歌手の歌で終わるのではなく
ステージ全体がストーリーのある歌
。。。そう、コンサート形式のオペラみたい

ステージ全体がエンターテイメント
器楽演奏会には無い楽しさがある

「乾杯の歌」 … ぞくぞくする様な感動を覚えた
以前、ヴァイオリン奏者の千住さんが、ヴァイオリンで歌曲を弾く事に挑戦した特集を見た…まったく歌真似ではなく、ヴァイオリン曲として弾いた訳で、それはそれで素晴らしかったけれど

やはり人間の肉声に勝るものなし…その為の歌曲なのだから
フルートで吹くなんて、無謀もいいとこかも

企画上仕方が無いのだろうが
もう少し演奏時間が長くても良いのにな。。。
[PR]
by laienhaftes | 2005-05-13 23:58 | others
オーチャード・ホール

「眠りの森の美女」


間近で表現芸術を楽しむなら断然「ジゼル」が好きなのだが、東京文化しか無く、席も無いだろう。。少々後方でも楽しめるのは「眠りの森の美女」…3大バレエの中で一番派手だものねぇ

「白鳥の湖」「胡桃割り人形」「眠りの森の美女」
記憶している曲が入り乱れてる…汗

「白鳥の湖」はシーンごとに記憶している曲が多い
「胡桃割り人形」は組み曲で演奏されるので2幕のパーティーシーンの曲は判断できる
しかし「眠りの森の美女」は青い鳥の曲しか記憶に無い…汗

いざ聴けば、うんうん、これもそーだったのね と、なる訳だが


オーチャードの音響に良い情報はあまり聞かない

オーチャード自身が悪いのか…縦長の箱がよろしくない説もあり
席位置が悪いのか…1F中央のサイド席…つまり2Fバルコニーの真下だ
オケピットが悪いのか…東京文化や神奈川県民はピットが深いんだよね

オケはレニングラード国立歌劇場管弦楽団だから「OK」な筈だ

でも
音楽が裸なんだよね

楽器個々の音が裸で届いてしまう…“ホールの響き”というヴェールを着込んでいないんだ
せっかくのアンサンブルが平面のままに聴こえてしまう

これが白鳥湖やジゼルだったら、極端に違和感は無かったんだろーけど、眠りの森は“舞台が派手”なんだよな
音楽と舞台のアンバランス感に違和感を持つ
昔のロシアバレエならまだしも、現代は演出も派手だからねぇ


肝心の踊りだが

ソリスト級の存在感は凄い…舞台に出てくるだけで観客を惹きつけるように空気が変わる
群舞の足音が気になるシーンもあったが、グラン・パ・ド・ドゥはやはり見事☆

3幕はお客さん拍手し過ぎ…時間が押して終電逃しちゃうよ…そんな心配をしながら大拍手!
[PR]
by laienhaftes | 2005-01-25 23:59 | others