laienhaftes musiker tagebuch

laienhafte.exblog.jp

アマチュア音楽家の 徒然なるままに

新日本フィル 多摩定期 -50-

パルテノン 大ホール

ハイドン / 交響曲第70番 ニ長調
ロドリーゴ / アランフェス協奏曲
シベリウス / 交響曲第5番 変ホ長調

ソリスト・アンコール:タレガ / アルハンブラの思い出
オーケストラ・アンコール:グリーグ / ペールギュントより「朝」

ギター:村治 佳織
指揮:クリスティアン・アルミンク


パルテノン多摩
小ホールは「木」のホール、大ホールは「石」のホール

村治お姉ちゃん、昨日のリサイタルに続き、本日はコンチェルトのソリスト
昨日後半に着ていた、黒のブラウスと赤のスカート、ブラウスをアンダーで着ていたのだが、今日はオーバーで着ている…かっこよいなぁ

指揮者のアルミンク氏、口元を読んでいると「どーも」と言って入場するのね(笑)
3列目で聴いても、古典編成はハーモニーが綺麗で心地良い
横幅の狭い会場のためか、A席でも充分に満足できる響きだ

アルミンク氏の指揮は判り易いし表情が可愛いなぁ(不謹慎?)
実を言いますと、私ってばメンクイなんですよ(^^;; この指揮者は私好み(ぉぃぉぃ)


アランフェスではソリストの表情が手に取るように見える
1楽章でチェロとアイコンタクトをとってニッコリしたり、2楽章での曲に入り込んでいる表情がなんともいえない…見ているだけでも音楽へ引き込まれていく
アングレ奏者も良く見える位置で嬉しい(*^^*)

ギリシャの「石」で出来た建築物の中で聴いているみたいで、現実から離れていく
感動して涙が出てしまいそうになる

ソリスト・アンコールは、最初から涙が止まらない
涙がこぼれ落ちたり、鼻をすすってしまわないようにするのに必死だ
ステージ照明で明るい範疇の客席、当然ステージから見えてしまう、恥ずかしいよぉ

後半シベリウスは3列目ではffが多少きついかな?と思ったけど、低弦が凄く鳴っているのでバランスがとても良い
オケの特徴か、指揮者のセンスか、弦が太く暖かく鳴らしてくれるので、管の音が弦の海原に安心して航海に出るようにアンサンブルが形成されている、こーいうバランスは大好きだ


来期も期待しましょう!
小澤氏とブリュッヘン氏のプログラムが未定、、、、、何時決まるんだろーか
[PR]
by laienhaftes | 2006-02-12 19:32 | orchestra