laienhaftes musiker tagebuch

laienhafte.exblog.jp

アマチュア音楽家の 徒然なるままに

村治佳織 ギター・リサイタル

パルテノン 小ホール

テオドラキス / エピタフィオス より
タレガ / ヴェニスの謝肉祭による変奏曲
ロドリーゴ / 小麦畑にて
武満徹 / ギターのための12の歌より
バリオス / 森に夢を見る
ドビュッシュー / 月の光
サティ / グノシュンヌ第一番
吉松隆 / 水色スカラー
ドビュッシュー / 亜麻色の髪の乙女
クレンジャンス / 2つの船歌 作品60
ラヴェル / 亡き王女の為のパヴァーヌ
ディアンス / サウダージ第三番

ディアンス / タンゴ・アン・スカイ


村治お姉ちゃんとの出会いは、東京国際ギターコンクール
彼女が優勝した年から数年間、当該コンクールのスタッフとしてお仕事をさせていただいていた
あの可愛らしい少女が大人の女性になって、、、、、姉や母の心境で彼女を見てしまう

ギターのソロをじっくり聴くのは、柴田杏里さん以来
杏里さんの演奏はスペインを主に聴いているが、今日のリサイタルは主にフランス
Vnのリサイタルと違って肩がこらないし、音の余韻が心地よい

ギターやピアノのような重音楽器は、旋律と伴奏の奏法を変えて行くことによって音楽の広がりが大きい 自分が奏でる単音楽器で旋律と伴奏を吹き分けるヴェニスの謝肉祭は異常に難しい

ヴェニスの謝肉祭は多々楽器の技術面披露曲として多くの編曲が成されているが、ギターならではのポルタメントや特殊な奏法を使った演奏で、視覚的にも楽しい


視覚的なイメージを産み易いのは、楽器の所為か奏者の所為か
サティでは涙してしまった。。。。。。
ノスタルジックな風景画が走馬灯の様に次々に流れて行く
自然法則に則った音の長さはとてもとても心地良い


明日はアランフェス…楽しみだな(^^)v
[PR]
by laienhaftes | 2006-02-11 21:57 | Stringed instrument