laienhaftes musiker tagebuch

laienhafte.exblog.jp

アマチュア音楽家の 徒然なるままに

Golden Duo Abend

ムラマツホール・コンサートシリーズ

ヴォルフガング・シュルツ
庄田 奏美

ピアノ:藤田 雅


G.Ph.テレマン / トリエット 第二番 ニ長調 TMV 42:D2
W.A.モーツァルト / 「魔笛」による二重奏曲より
- おいらは鳥刺し
- 恋すればだれでも楽しいものだ
- 復習の心は地獄のように胸に燃え
- 愛の喜びは露と消え
- 娘っ子か女房がいれば
J.S.バッハ / トリオソナタ ニ短調 BWV1036

F.ドップラー / アンダンテとロンド 作品25
P.タファネル / 「ミニヨン」によるグランドファンタジー(Fl:庄田)
L.ユーグ / 「仮面舞踏会」に主題による協奏的大幻想曲 作品5


二人のフルーティストは師弟関係
師弟ならではの(?)同系統の音色だし、ウィーン・フィルとベルリン・フィルの音
若干百名入るか入らないかのアットホームなホールで、世界の音のデュオを堪能した

眩いばかりの二人の「音」が5メートルと離れていない至近距離で輝いている
強いて言えば、宝石店の陳列棚をガラス越しに物色している心境だ

店員さんに“どれを出してもらおうかな~”と考えながら眺めている

ガラス越しの宝石たちが「ほら、素敵でしょ?」「私を見てよ」…
宝石同士も楽しそうにお喋りしてくる
そんなお喋りに愉しく耳を傾ける

そ~んな感じのひと時


出演者が大物なのに、茶菓まで出てサロンコンサート風
世界の風を身近に感じた

世界は狭い…ってか(笑…意味違うよ)
[PR]
by laienhaftes | 2007-04-10 23:59 | Wind instrument