laienhaftes musiker tagebuch

laienhafte.exblog.jp

アマチュア音楽家の 徒然なるままに

シエナ・ウィンド・オーケストラ -22-

みなとみらい 大ホール

指揮:佐渡 裕

D.ショスタコービッチ / 祝典序曲
R.ワーグナー / エルザ大聖堂への行列
A.ゴーブ / メトロポリス

音楽のおもちゃ箱
 シング・シング・シング
 メインストリートで
 マンボNo.5
 アフリカン・シンフォニー

ショスタコービッチ生誕100周年
 ジャズ組曲
 二人でお茶を
 交響曲第5番「革命」より 第4楽章


アンコール:
 モスクワ・チェリョムーシカよりモスクワを疾走
 ホワイト・クリスマス
 星条旗よ永遠なれ

-----

初めてのシエナ!
みなとみらいの大ホールが完売! 3階のサイドまでお客さんが入ってる
ヤフオクで2万の値が付いたって、、、凄っ

佐渡さんが登場するとホールの空気が変わる
引き締まると言うか、さぁ…という期待感の空気に変わる
凄い存在感だ!

ステージはエンターテイメント! 佐渡さんもお客さんも乗り乗り
客席参加型で、ホール全体が一つのイベントになってるみたい
こういうコンサートって、吹奏楽ならでは…で楽しい

同伴未成年が、「どうしてもS席の前の方が良い」と言った ^^;;
少し出遅れて前しかなくって、前から4列目
それでも聴きなれている音幅の管弦楽ならまだしも、吹奏楽だ
いくらプロの演奏とはいえ、ダイナミックスがきつい…迫力があり過ぎ
メトロポリスでは頭がぐわぁんぐわぁんしている(笑)


2部はお祭り
指揮者も奏者も仮装状態で、お客さん参加状態
吹奏楽って裾野が広くって、親しみやすい
演奏経験のある曲を聴くと、その頃の自分がよみがえってきて妙に懐かしい
賑やかな乗りの良い曲なのに、心の中はノスタルジックになる


ジャズ組曲はオリジナル編成で弦楽器入り
吹奏楽を聴きに行って、この編成は面白い
ちょっと緩和剤的

ロビーで若いジェントルマンに声をかけられた
誰が来てるの? と思ったら、同伴者の後輩 (^^;;
吹奏楽やってる人達には最高の演奏会だよな♪


今日の演奏会は、後日DVDとして発売されるそうだ
買ってみようか。。。
[PR]
by laienhaftes | 2006-12-22 23:59 | others