laienhaftes musiker tagebuch

laienhafte.exblog.jp

アマチュア音楽家の 徒然なるままに

クラシック・クルーズ

横浜みなとみらいホール

みなとみらいクラシック・クルーズ vol.30


チェンバロ:中野振一郎
フルート:工藤重典


072.gifランチタイム・クルーズ

B.ガルッピ / アンダンテ ハ長調(♪)
J.Ph.ラモー / 鳥たちのさえずり ホ短調(♪)
J.B.de.ボワモルティエ / のみ ホ短調(♪)
J.N.P.ロワイエ / スキタイ人の行進 ハ短調(♪)
ヘンデル / ソナタ イ短調 HWV362
J.S.バッハ / G線上のアリア
C.P.E.バッハ / ハンブルガー・ソナタ ト短調


072.gifティータイム・クルーズ

F.クープラン / 恋のうぐいす(♪)
D.スカラッティ / ソナタ 変ホ長調 K.193(♪)
J.Ph.ラモー / ロンド形式によるミュゼット(♪)
F.レハール / 喜歌劇「メリー・ウィドウ」より メリー・ウィドウ・ワルツ(♪)
ヘンデル / 歌劇「クセルクセス」より ラルゴ
マルチェロ / オーボエ協奏曲 ハ短調 より アダージョ
テレマン / ソナタ ヘ短調


(♪):チェンバロ独奏


-----

先日、ラリューの後で弾いていた中野さん、本日は主役
初めてトークを聞いたが、大阪芸人のように面白い
クラシック・クルーズはクラシック初心者さんも多い
面白可笑しく、チェンバロや音楽のことを解説される
おやぢトーク盛り沢山の工藤さんの影が薄いほど中野さんのペース


慣れ親しんでいるこのホール
演奏形態によって席を選ぶ

室内楽クラスで好きなのは2FRCかRB


ランチタイムはRC:

チェンバロの中も見えるし、2楽器のバランスも最高
フルートの透き通った向こうにチェンバロの表情が見えている
なんて素敵なんだろう

ピアノ伴奏の時はもっと馬力があるので(曲も違うが…)
吹き分けてるのかな?
工藤さんのお弟子さんが訊ねたら、同じに吹いているそうだ
やっぱり曲の違い?

チェンバロは1Fセンター後方には聞き取りにくいはず
どういうバランスで聞こえてるのかな?


ティータイムはRB:

よりチェンバロの音が大きい
音は音源から鈍角に広がるが、反射板の角度からまともに来る席だ
フルートの音の方が少し鋭角なのかもしれない

工藤さんの音を持っても、チェンバロのボリュームの方が大きいときがある
音楽的に??と思ったが、違う
工藤さんが演奏しながら動くのだが、、、
それに合わせて強弱とバランスが変わってしまうのだ

おもわず苦笑してしまった…音楽的でない音の波に酔いそうなんだもの
RCまでがベスト位置だな
[PR]
by laienhaftes | 2011-09-06 23:59 | chamber