laienhaftes musiker tagebuch

laienhafte.exblog.jp

アマチュア音楽家の 徒然なるままに

都響・多摩特別演奏会

パルテノン多摩 大ホール

モーツァルト / オーボエ協奏曲 ハ長調K.314
マーラー / 交響曲第4番 ト長調

指揮:広上淳一
オーボエ:宮本文昭
メゾソプラノ:林美智子


先日の新日定期と客層がかなり違う、同じホール同じ週末の日中なのに
新日と都響の差か、定期演奏会と特別演奏会の差か、、 いや、、、宮本さんでしょう?!

少しモダン色のあるオーケストラと甘美な音色のオーボエ
CDで聴いていて期待していた以上の甘い音色にうっとり

フルートで聴きなれているコンチェルト、inDより1音低いだけなのだが、この1音の差で音楽の色彩が異なり、表情を此処まで変えてくれるなんてなんて面白いのだろう!

お行儀の良い1楽章、緩徐楽章は甘美な音色をたっぷり披露してくれる、最終楽章にちりばめられた宮本氏の悪戯(語弊がある表現だけれど)
1→2→3と楽章を進む毎に宮本氏の遊びがプラスされて行く様だ
各楽章にカデンツァがあるのだが、めいっぱい音楽的で技巧的で、魅力的なソリストがスポット披露されて行く

古典は遊ぶ余地や楽しむ余地が沢山あって楽しい
モーツァルトのコンチェルトって演奏するのがこんなに楽しいんだよ♪
聴かせる演奏というより、演奏する事の楽しさを感じる…そんな聴き方をした自分が嬉しい


今日のマーラーは、昨日と違って副目的 (^^;;
冒頭のフルート群で「♪」な気分、ところが4小節目からの弦に「!」
低弦が厚い! 今回は中央より上手寄りに座ったので余計に感じたかもしれないが

昨日の現田氏が神父が説教を述べるように上品に流れていくのに対して、本日の広上氏は子供に読み聞かせする母のようにドラマティックな表現で音楽の起伏が物凄い
併せて音の鳴りが立体的で、音のヒダの中に身を置く快感を味わった

3楽章の冒頭、低弦の響きが暖かく心地よく夢見心地
天上への音楽、ルーブル美術館展で本物の絵画を見た時に感じたような、足元をすくいあげられているような妙な感覚、それが心地良い

3楽章の賑やかな部分で、歌手が入場し、3楽章と4楽章はアタッカでつながる
音楽の流れが切れないし、3楽章から継続して盛り上がって行く
4楽章、最初のテーマに戻る所のテンポは速い、、、木管のホンの一瞬の乱れにドキッとするが、よどみ無い天上への流れに憧れを示すかの様


納まることの無いカーテンコールに会場の照明が明るくなり現実を見る
余韻まで楽しめた演奏会だったな
[PR]
by laienhaftes | 2006-03-19 20:27 | orchestra