laienhaftes musiker tagebuch

laienhafte.exblog.jp

アマチュア音楽家の 徒然なるままに

神奈川フィル定演 -224-

『天国への憧れ』

横浜みなとみらい大ホール

バルトーク / ヴァイオリン協奏曲第2番
マーラー / 交響曲第4番 ト長調

指揮:現田茂夫
ヴァイオリン:神尾真由子
ソプラノ:釜洞祐子


定期会員用公開ゲネプロは、時間が間に合わず諦めた
明日も都響でマーラーを聴くんだからと、自分自身を慰めてみる

バルトークのソリストは若干二十歳
黄色のチューリップのようなドレスに身を包み、初々しい雰囲気
初めて聴く曲だが、ソリストの若さ弾けたパワフルな演奏
オケの皆さんが沢山の保護者のように見える

歌い込むような音楽ではないのだが、ヴァイオリンの力をほぼフルに引き出しているようで、音に引き込まれて行く
前衛的な音楽に微分音程、聴く側も息を呑んで神経を研ぎ澄ませて聴く
どの音が微分音程か判らないが、見事にハウリングが聴こえるので、その音が奏でられているのがわかる…演奏するのはかなり難しそうだが、聴く分には面白い

演奏会はたいがいは下手側に席を取る事が多い
ただ、このオケは上手側の音が弱いので席位置が要注意なんだな。。。
今回はyurikamomeさんの御好意で左右中央、前後中央より少し後方のかなり良い位置で聴く事が出来た、この位置だとバランスがとても良い
ありがとうございました、yurikamomeさん!


今日の私の主目的はマーラー
冒頭のフルート群から息を呑み、集中して聴いてしまう
弦と管との流れるようなアンサンブルもあれば、唐突に管がしゃしゃり出る所もある
それがこの曲の面白い所…判っていないで聴くと、多少耳障りかもな

第3、第4フルートの第1、第2ピッコロへの持ち替え、ひょっこり顔を出すオーボエの旋律、さりげなく主張するコールアングレ、、、 このオケの木管前列の音はみんな大好きだ(*^^*)

演奏を聴きながらスコアが目の前に浮かんで来る
自分の目がカメラにでもなった様に、聴きたい旋律のパートを目が追う
主旋律の移動がパスされていく様子が楽しい

オケの中できちんとパートを歌い上げる事って、
こーいう音色が必要で、こーいう表現が必要で、……こー言う事なんだなぁ…としみじみ
まるで小姑の様に、詳細にフルートの音に耳を傾ける…すみません、フルートの皆様

さすがにこの聴き方は疲れる
私の集中力は第3楽章冒頭で、事切れた ^^;;
前半がバルトークだった事も影響してるし、、、

3、4楽章は完全に音の流れに身を任せた状態で聴く(最初からこーやって聴こうよ!)
弦の厚みや立体感が少し物足りない、どーしても過去に聴いた最高の状態(シュナイト@ミューザ)を求めてしまうからなんだけど、「安らぎ」「くつろぎ」の暖かさはこの上ない
天上に舞い上がって行く音がピアニッシモで終わる
余韻を残して…この余韻も音楽の一部分として楽しむ


そしておもむろに現実に戻ってくる … この瞬間が何とも言えない
[PR]
by laienhaftes | 2006-03-18 23:59 | orchestra