laienhaftes musiker tagebuch

laienhafte.exblog.jp

アマチュア音楽家の 徒然なるままに

レ・ヴァン・フランセ

平塚市民センターホール

フルート:エマニュエル・パユ
オーボエ:フランソワ・ルルー
クラリネット:ポール・メイエ
ホルン:ラドヴァン・ヴラトコヴィッチ
バソン:ジルベール・オダン
ピアノ:エリック・ル・サージュ


イベール:3つの小品
リゲティ:6つのバガテル
モーツァルト:ピアノ、オーボエ、クラリネット、ホルンとファゴットのための五重奏曲 変ホ長調
ミヨー:ピアノ、フルート、クラリネットとオーボエのためのソナタ op.47
オーリック:オーボエ、クラリネット、バソンのためのトリオ
プーランク:六重奏曲


このアンサンブルはプーランクの為にあるんじゃないかと思う
室内楽全集CDを出しているだけあって、プーランクは絶品

フルートの入る室内楽は、アンサンブル・エスプリ・フランセを聴いて以来
こちらとは編成が異なるので、選曲も異なる

パユとルルーのコンビはとてもとても仲良しで
アンサンブルで曲を作っていく真髄は勿論の事、
なによりも音楽をする事の楽しさが、はちきれんばかりに伝わってくる

「音」と「音」とのコミュニケーションだけではなく
体や表情や、、、、五感の全てを駆使したコミュニケーション


パユの音色は多彩で
前回聞いたリサイタルや、オケとのコンチェルトとは表情が違う
ソリスティックなフレーズはあっても、あくまでもアンサンブルの一員

木管アンサンブルはあまり聴かないのだが、彼らは一押しだよね

ホルンとバソン以外は経験ある楽器…^^;;
最高に感じたのは、音色といいエンターテイナー性といい、ルルー♪
サインもらえて最高に幸せ~
[PR]
by laienhaftes | 2005-10-27 23:59 | Wind instrument