laienhaftes musiker tagebuch

laienhafte.exblog.jp

アマチュア音楽家の 徒然なるままに

神奈川フィル定演 -217-

「スコットランド幻想」
指揮:現田茂夫
メンデルスゾーン / 序曲「フィンガルの洞窟」 op.26
ブルッフ / スコットランド幻想曲 op.46
 ヴァイオリン:漆原 朝子
メンデルスゾーン / 交響曲第三番 イ短調「スコットランド」 op.56

神奈川県民ホール


久々の神奈川フィルの定期を聴いた
またしても、ギリギリにチケット手配したので、前から3列目…これでS席とは厳しいなぁ

こんなに前でオーケストラを聴くのは、ウィーン交響楽団以来だな…
この席の最大のメリットは指揮者の表情が手に取るように判る事

現田氏の表情を見ているだけでも、次の音楽が見えてくる
低弦への指示は見えないけど、管や特に高弦への指示はわかりやすく見える位置にいる
それに応えるように奏でるコンマス…満面の笑みを返す指揮者
指揮者と楽団員の信頼関係の元に音楽が出来上がっている事が見えるよーだ

席位置の関係で、低弦が弱く聴こえてしまう、反対に高弦が賑やかなくらいだ
アンコール曲は、旋律とオブリガードがアンバランス過ぎ…^^;;


ソリストの漆原氏、華奢な体でダイナミックな演奏をする
ソロと高弦、ソロと木管の掛け合いが気持ちい良い
ソリストを凝視しながら木管に合図を送る指揮…ぴったり息のあったアンサンブル
木管同士のアンサンブルが気持ちよい…
こー吹けたら幸せだろうなぁ…憧れるなぁ

自分自身が笛吹きな為、フルートの音ばかりが聴こえて来てしまう…^^;;
本日のトップは山田氏…なんて優しくて暖かい音なんだろー♪
前方の席でも、さすがに管楽器の音はホールのベールを包んで聴こえてくる…心地良い
序曲と交響曲では、弦奏者の隙間から山田氏が良く見える…見入ってしまった(*^^*)

目を閉じれば、本の中で見聞きしたスコットランドに出かけている様だ
それでも音の響きは、前回のミューザには適わない
出来る事なら、ミューザの2階席で聴きたい


客入りはかなり良かったんでは?
満席とは言わないまでも、空席を探す…って感じだった
やっぱ良い席で聴くには定期会員かなぁ??
遠すぎて…難しい


でもさ

神奈川フィルハーモニー管弦楽団 って言うからには
「神奈川県」の名前を背負ってるんだから、県内の各地で演奏して欲しいわけよね
「箱」が無いからしょうがないのだろうけれど、、、横浜市ばっかり
たまに横浜市から脱出した地区での演奏もあるけど、いわゆる「横浜ナンバーの地区」が多い
何故に、北や西へは来てくれないんだろーか…素朴な疑問だ
[PR]
by laienhaftes | 2005-07-03 23:59 | orchestra