laienhaftes musiker tagebuch

laienhafte.exblog.jp

アマチュア音楽家の 徒然なるままに

ヴィオラ・ダ・ガンバ デュオ・リサイタル

ローレンス・ドレイフュス&櫻井茂

横浜みなとみらい 小ホール


F.クープラン / コンセール第13番より
M.マレ / 組曲ニ長調(ヴィオル曲集第4巻)より
M.ロック / 二台のバス・ガンバのためのデュオより
M.マレ / メリトン氏のトンボー
M,マレ / シャコンヌ

-----

趣味でガンバを弾く人の演奏は聴いた事があるけれど
本物を本物が弾くのは始めて聴いた (微笑)

優しい音色はヴィオラにコクを加えておいて、まろやかさだけ抽出したような感じ

目を閉じて聴くと
2本のガンバとチェンバロの音が見事に溶け合って聴こえて来る
ガンバとチェンバロって、ここまで見事に融合しあう音色なんだ

音の粒がバロック奏法…言ってる意味判って貰える?
キチンと勉強した人はこう弾くんだ…と、自分のにわか奏法を反省する

マレのシャコンヌ
ホールが、サロンの様な錯覚を覚えた
当時の人々がどう感じたかはわからないが
今聴けば、穏やかさの中に起伏のある音楽に聴こえる
いいな… 毎日でも聴いていたい
[PR]
by laienhaftes | 2005-05-26 23:59 | Stringed instrument