laienhaftes musiker tagebuch

laienhafte.exblog.jp

アマチュア音楽家の 徒然なるままに

福井 敬 / テノール・リサイタル

パルテノン 小ホール


テノール:福井 敬
ソプラノ:渡辺由美香
ピアノ:谷池重子


グリーグ / 君を愛す
アルディーディ / 口づけ (S)
トスティ / 理想の人 / 暁は光から / 別れの歌
デラックア / ヴィラネル (S)
ビクシオ / マリウ、愛の言葉を
クルティス / 忘れな草
ファルヴォ / 彼女に告げてよ

滝廉太郎 / 荒城の月
山田幸作 / まちぼうけ
小林秀雄 / 落葉松

プッチーニ / 「トスカ」より 妙なる調和
トーマ / 「ハムレット」より 狂乱の場 遊びの仲間に入れてください (S)
ビゼー / 「カルメン」より 花の歌
ヴェルディ / 「リゴレット」より 女心の歌
モーツァルト / 「魔笛」より 復習の心は地獄のように胸に燃え (S)
プッチーニ / 「トゥーランドット」より 誰も寝てはならぬ

Be My Love
乾杯の歌 (w/S)


イタリア歌曲は、ストレートな表現&男のふられ歌
フランス歌曲は、ニュアンス風であいまいな表現

英語の歌詞、ドイツ語の歌詞、日本語の歌詞、それぞれニュアンスが違う

今日のリサイタルは小ホールだったのだが、大ホールでも充分な歌唱力なんだ
ホール全体がブルブル共鳴するようなフォルテッシモ、足元から全身がゾクゾクする

女心の歌 では、ステージを降りて、客席を徘徊しながらパフォーマンス付きの歌
ピアノは伴奏ではなく、あくまでもピアノと歌とのアンサンブルなんだ

良いなぁ、こーいう風に歌うようにフルートを吹いてみたい
こーいう風にピアノとアンサンブルしてみたい
ダイナミックスレンジ幅が広いだけでも表現の幅って物凄く広いんだね

フルートは音量の小さい楽器
でも、音色やタンギングや技術要素を豊富にする事で、色彩豊かな表現が可能だと思う
闇雲にでかいだけの無機質な音は嫌いだが、頭ごなしにフルートの大きい音は嫌いだから…と大きな音量を否定するのはどーかと思う。そー言う人の多くが薄っぺらい演奏をするのを聴くと、意味を履き違えてないかな?と疑問を持つ。 特にバロックや古典はてきめんだ。

こー演奏したい…って自分の気持ちを言葉に表現するヒントが今日の演奏にあった
やはり、節操無く(笑)多々な種類の演奏を聴く事は、私にとっては大きな糧になっていると思う


パルテノンでの公演は、新日定期などは都心と値段差が無く割高に感じる
しかし、小ホールのシリーズは一流のアーティストが格安で聴ける

来期もシリーズ券を買おうかな。。。^^
[PR]
by laienhaftes | 2006-03-05 19:50 | others